スピルバーグ製作×J・Jエイブラムス監督『SUPER8/スーパーエイト』

アリスも消えた


空軍が遂行した『ウォーキング・ディスタンス作戦』は、わざわざ草原を火炎放射器で焼き払って、住民たちに避難命令を出しリリアンの街から出すことだったのです。ゾンビ映画を撮影するために出かけた夜中に、たまたま目撃した貨物列車事故には秘密が隠されていました。貨物列車に積まれていた【荷物】は、空軍施設の【エリア51】から極秘である場所へと移送中だったのです。極秘の【荷物】を回収するために、空軍では躍起になって街を封鎖するために『ウォーキング・ディスタンス作戦』を取ったのでした。

次々と不可解な出来事

ジョーの愛犬も失踪してしまいましたが、犬だけではなく保安官を初めとして沢山の人たちが忽然と姿を消してしまいました。そして事故現場で残されてきた破片の一部を持ち帰った小さなカケラのキューブは、遂に動き始めただけではなく壁まで突き破っていきました。次から次へとどんな力が働いているのでしょう。そしていったい何がこれから起こるのでしょうか?!

SUPER8~ネタバレ~ Part3

ジョーの母エリザベスが鉄工所で亡くなってしまったのは、まさかの出来事でした。そしてその時に本当なら勤務だったのは、アリスの父親ルイスです。ルイスは酒癖が悪いようで、それが原因なのでしょうかいろいろとトラブルを抱えているようですが、年頃のアリスとしても複雑な心境でいるのは仕方のないことかもしれません。母の突然の死を受け入れることができないジョーは、ほのかな恋心をアリスに抱きながら母親の死をどのように乗り越えていくのでしょうか。

そしてアリスがいなくなってしまったことをチャールズや仲間達に教えて「街に戻るんだ」と言い出すのでした。

アリスの拉致

ジョーの家から自宅へ戻ったアリスは、家の中で父のルイスが待ちうけていたのに出会います。そしてこの日の夜もお酒に酔っていたルイスは「出て行け!!お前の母親みたいに出て行けっ!!」と罵るのでした。父親の罵倒に耐え切れなくなったアリスは外へ飛び出し自転車で出て行きますが、娘の様子を見たルイスはすぐに後悔してアリスを追うため自動車で追いかけてきます。「パパが悪かった!!」と運転席の窓から誤りながらアリスを追いかけますが、ハンドルを切り損ねてしまい停車中の別の車に衝突してしまいます。

ルイスはアリスの悲鳴を聞いて、なんとか運転席から外に出てアリスのいた場所に近づいていきますが、そこにあったのはアリスが乗っていた自転車だけがありアリスの姿は消えてしまっていたのです。

どうもなにかがおかしい・・・とジャックの疑惑の先は、事故が起きてから捜索にあたっている空軍に向けられました。いったい貨物列車が積んでいた積荷はいったいなんだったんだろう。そして空軍はいったい何をそこまでして隠そうとしているのだろう・・・。 同じ頃・・・街の給水タンクには、例のキューブがめり込んでうごめいている中、それぞれがそれぞれの場所でキューブが動いていることなど夢にも思っていない中、それぞれ時間を過ごしていました。

チャールズとジョーは映画撮影を続行するべきかそれとも中止すべきかと言い争いをしている時、空軍では「ウォーキング・ディスタンス作戦」を決行していました。「ウォーキング・ディタンス作戦」は、わざわざ

火炎放射器でリリアンの町にある近くの草原に火を放って森を焼いて山火事を起こそうとしていたのです。

映画の続行か中止についてチャールズとジョーが話し合いをしている時「お前が映画を続行したがっているのは、アリスが目当てなんだろ?!」とチャールズが言いながら、仕上がってきて8mmフイルムを映写し始めました。そしてチャールズは「オレだってアリスのことが好きなんだけど、でもオレがもてるはずないよな。どうせデブだし・・・」と自分のネガティブ的な事を言っているとき、フィルムに映し出されたのは、煙だらけになりました。

ジョー:「模型は新しく作るよ。僕アリスが好きなんだ。ごめん」

チャールズ:「むかつくのは両想いってことなんだっ」

その時に映像で映し出されているフィルムの煙の中から出てきたのは、転覆した列車から出て来る「何か得体の知れないもの」が写っていることに二人は気づきます。

突然のサイレンの音に、チャールズとジョーは驚き外に出てみると、森のほうから煙が立ち上がっているのが確認できました。近所の老人達が「火事だーー!!避難しろ!!」と叫んでいます。空軍の車が町に呼びかけます。「グリーンヒル空軍基地に全員避難」という指示を与えてきます。リリアンの町はこれから閉鎖されるといいます。

ジョーとチャールズはグリーンヒル空軍基地に連れて来られますが、そこでチャールズは先にベースキャンプに到着していたママや姉たちと再会します。ジョーはアリスの父親を見つけて話しかけますが、アリスの父親は狼狽している様子です。「誰もオレの話を信じてくれない」といい、「誰も信じないだろうが・・」とアリスが拉致されてしまったことを告げるのでした。ジョーはハッキリと「ボクは、信じます」と応えます。